バリ舞踊グループ Puspa Wangi プスパワンギ
名古屋を中心に活動しているバリ舞踊グループ「プスパワンギ」です
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アースデイ岐阜 その2
2010年 05月 07日 (金) 11:44 | 編集
2つ目の演目は、レゴンクラトンからチョンドン

アースデイ岐阜2

バリの女性舞踊の代名詞ともなっている古典舞踊レゴン。

19世紀初めスカワティのカルナ王が、クテウェル村のヨガアグン寺院で瞑想している時に、
美しく豪華な衣装をつけた天女が踊っている夢をみました。
夢から覚めた王が作らせた踊りがレゴンであると言われています。

そのなかでもチョンドンは王宮の女官で代表的な舞踊の所作を次々を披露します。
女官らしくキビキビとした動作が特徴です。

普通、一人で踊りますが、今回は二人で踊りました。


3曲目は、バラガンジュール

アースデイ岐阜3

歩きながら演奏するガムランの形式です。

バリ島では、儀式で遠くへ行列する時に必ず付いてきます。
祭りの島としてのバリの音風景には欠かせないものです。
バリ正月ニュピ前のムラスティ(海でお清めをする儀式)や、
火葬のときの巨大なバデ(棺桶を運ぶための飾り輿)を担いで走る時、
熱い日差しのもと、単純なメロディと複雑なリズムがぐるぐるぐるぐる繰り返し演奏され、
シンバルが盛大に炸裂すると、陽光の明るさに目は眩むし、ぼうっとして違う世界が見えそうになります。

見ていた方にも、竹を叩いていただいたり、または手拍子で、参加していただきました。

・・・そして、その楽しそうな様子を見ている、踊り子たち

アースデイ岐阜4


・・・続く


::::::::::::::::::::::::::::::::

 名古屋のバリ舞踊グループ

 Puspa Wangi プスパワンギ

::::::::::::::::::::::::::::::::
アースデイ岐阜 その1
2010年 05月 06日 (木) 17:14 | 編集
2010年4月25日(日)JR岐阜駅北口広場でおこなわれました、
アースデイ岐阜~地球にひとつ何しよう?~」にて、バリ舞踊を踊らせていただきました♪

できたばかりのキンピカ「織田信長」像@JR岐阜駅北口広場

アースデイ岐阜1

手作り感溢れるタイムスケジュール♪

アースデイ岐阜8

名古屋のバリ・ガムラン・グループ「スアラスクマ」と共演させていただきました。

最初の演目は、パニャンブラマ

アースデイ岐阜9

幕開けに踊られる歓迎の踊り。
パニャンとは歓迎という意味です。
踊り手は花をもりつけたお供え物を手にして踊り最後に花を巻いて祭りの場を清め、
お越しいただいたお客様を歓迎祝福する踊りです。

・・・続く

::::::::::::::::::::::::::::::::

 名古屋のバリ舞踊グループ

 Puspa Wangi プスパワンギ

::::::::::::::::::::::::::::::::
Topen Tua
2010年 01月 26日 (火) 13:54 | 編集
Topen Tua(トペン・トゥア)

老人の面をつけた仮面舞踊の一種。

トペントゥア1

バリ島における宗教儀式には欠かせない重要な踊り。

トペントゥア4

老人の踊りであるため、動きはゆっくりとしているが、

トペントゥア3

優雅で、かつ繊細な振りには、高度な技術が必要であり、

トペントゥア7

トペン(仮面)舞踊の中でも、最も難しい踊りとされています。

トペントゥア6

踊り手によっては、アドリブで様々にこっけいな演出もされます。

トペントゥア8


◆ 踊り手 ◆

I Ketut Ardana Yasa イ・クトゥット・アルダナ・ヤサ

バリ島ギャニャール出身。8歳より踊りを始める。SMKI(現在のSMKN3)芸術高校舞踊科卒業。
寺院の奉納舞として欠かせない仮面舞踊を得意とする。
来日前は、ヒルトンホテルなどの公演に参加、後進の育成にも努める。
2005年に結婚を機に来日。妻の主催するチャナン・サリとの公演を中心に活動を続けている。


::::::::::::::::::::::::::::::::

 名古屋のバリ舞踊グループ

 Puspa Wangi プスパワンギ

::::::::::::::::::::::::::::::::
Legon Lasem その2
2009年 12月 31日 (木) 16:41 | 編集
Legon Lasem 一部創作の続きです・・・

タ高井の準備をするラッサム王の猛る気持ちと、

レゴンラッサム7

その身を案じる家臣の場面 バンカット

レゴンラッサム10

凶兆を表す鳥 ガルーダ

レゴンラッサム12

最後はラッサム王となり、この物語をしめくくります。

レゴンラッサム11


◆ 踊り手 ◆

丹羽 忍

東京のバリ舞踊教室で踊り始め、短期・中期のバリ島滞在を重ねて、現地の踊り手に師事する。
中日文化センター講師。
名古屋のバリ舞踊グループ「プスパワンギ」代表



::::::::::::::::::::::::::::::::

 名古屋のバリ舞踊グループ

 Puspa Wangi プスパワンギ

::::::::::::::::::::::::::::::::
Legon Lasem その1
2009年 12月 31日 (木) 16:28 | 編集
Legon Lasem(レゴン・ラッサム)一部創作

宮廷舞踊の代表作、ラッサム王の物語を一人で踊る構成にしています。

レゴンラッサム1

宮廷に仕える女官(チョンドン)の舞

レゴンラッサム2

レゴンラッサム3

レゴン・ダンスの中心となる抒情的な部分 プンガワ~プンゲチェ

レゴンラッサム6

レゴンラッサム8

レゴンラッサム9


続きます・・・


::::::::::::::::::::::::::::::::

 名古屋のバリ舞踊グループ

 Puspa Wangi プスパワンギ

::::::::::::::::::::::::::::::::
copyright (C) バリ舞踊グループ Puspa Wangi プスパワンギ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。